どうなってんの?って・・・通常はこうだよね。
photo-t24

面長の顔が特徴的で、顔以外には目がいかないでしょ。
逆に、なぬ?肩あたりってあったんだぁ?なんて思うわけよ。

常連客「肩あたりは普通でしょ。」

オイラ「顔以外になんかあんの?」

マスター「あるよ。」

・・・ ・・・

ということで掘っちゃいました。
photo-t25
photo-t26
で、途中こうやって記念撮影なんかしちゃったりしてね。
photo-t27
刺青を背負ってる堅気じゃないモアイさん、再び登場。
photo-t28
で、どーん!
photo-t29
え?・・・?・・・えぇええ!

で、最後に記念撮影。
photo-t30
出典:Sunny Skyz

これは驚き・・・腕、手があるよね?
しかも、顔と同じで、かな~り長い腕が。
アンタどこ触ってんのよ!とツッコミたくなるような手が!!

う~ん・・・やっぱり!
モアイっていえば、あの面長。
photo-t31
photo-t32
こんな風に想像しちゃうのではないでしょうか・・・。
チリの観光親善大使に選ばれた斎藤洋介さんには失礼ですが。

でもなぁ面長の顔がインパクトありすぎで、どうしても。顔が。
渋谷のモアイ像とか。あ、あれはモヤイ像か・・・
photo-t33
出典:ラブフリーフォト

やっぱり顔ですよね。
顔から下ってあったのかと思いますよ。
それなのに、あの長い胴と長い腕、手・・・

まぁ、サンメッセ日南のモアイ像なんか見ると確かに腕、手があるんだよね。
photo-t34
出典:東京別視点ガイド

ちなみに、このサンメッセ日南のモアイ像が建てられた経緯ですが、1960年に起きたチリ大地震よって倒壊したまま放置されていたモアイ像を日本の企業(株式会社タダノ)が修復したことで、イースター島の長老たちが感謝の証として、日本での複製を許可したそうです。参考:モアイ修復プロジェクト

サンメッセ日南のモアイ像は、アフ・アキビの完全複製版といわれ、7体あるモアイ像には向かって左から「仕事運・健康運・恋愛運・レジャー運・結婚運・金運・学力運」などの、運気上昇のジンクスがあるとか。 参考:きりフォー.net

謎だらけで、そこがまた興味をそそるモアイ像ですが、悲しい歴史が・・・。
photo-t35
参考:ラパ・ヌイ ラノ・ララク

人口が増えた島では、森林伐採などの乱開発が行われ、食糧不足が発生しました。その結果、部族間同士の激しい争いが起き、部族の力の象徴だったモアイは壊されてしまったのです。今復元され立っているモアイ像は、人類へ警鐘を鳴らしています。

引用:NHK世界遺産

もしこれが真実なら悲しすぎます。
謎が謎呼ぶなんとかです・・・。
と、謎だらけのモアイですが、何が謎かって?

そりゃ、あのデカイ図体をどのようにして運んだかです。
巨大な木製のソリで滑らせて運んだとか、丸太のローラーの上を転がして運搬したとか、モアイ自身が歩いて移動したとか、宇宙人が運んだとか・・・。

と、まぁこんな風に諸説色々とありますが、モアイ像の頭にロープを巻き付けて交互に引っ張って少しずつ前進させるという実験の動画をご紹介します。

出典:YouTube

う~ん、こんな実験を見ても謎は深まるばかりだ。

大きな目玉のモアイとか。
photo-t36

海中でくつろぐモアイとか。
photo-t37

東○原○夫似のモアイとか。
photo-t38

謎すぎて、もはや意味わかんねぇ。ということで・・・
モアイ像って、やっぱり神秘的で美しいと締めくくります。
photo-t39
photo-t40
photo-t41
photo-t42
photo-t43
photo-t44
photo-t45

PR

MOAIティッシュケース モアイの鼻

この記事をシェアする

グッと!をフォローしよう!

COMMENT

モアイ像の身体っていったいどうなってんの?
1 コメント ありがとう。

  1. アルク より

    顔だけじゃなく胴体も長いんだ笑

コメントを残す

  • ページの上へ
  • グッと!TOP
  • あとで読むリスト
  • コメントみる
  • コメントする
  • ページの下へ

あとで読むリスト