機動戦士ガンダム、装甲騎兵ボトムズ、機動警察パトレイバー etc.
男子なら憧れるであろうマンガのような“ロボット対決”がついに実現しそうだ。
photo-t210

「水道橋! 俺たちには巨大ロボットがある。お前たちにも巨大ロボットがある。次に何が必要かは分かるだろう? 俺たちは決闘を申し込む。」

そう意気込むのは、アメリカの「メガボット(MegaBots)」というロボット制作グループだ。どうやら、水道橋重工業が製作した世界初の戦う巨大ロボ「クラタス(KURATAS)」に先を越されたのがよほど悔しいらしい。

出典:YouTube

それに対し、水道橋重工CEOの倉田光吾郎氏は次のように回答した。

出典:YouTube

「海外にとられたくない」
photo-t211
「やっぱ日本文化じゃないですか、巨大ロボって。」
photo-t212
出典:水道橋重工

日本を支える職人の魂っていうか意気込みが伝わってきますね。
決戦の日は1年後で、場所については今のところ未定。対戦方式は、倉田氏が望む「ぶん殴って、倒して勝つ」というような格闘戦になりそうだ。

スペックは、米国のメガボット2号機が高さ4.5メートルの重量5.4トン、装甲は完全な鉄。ガソリンを燃料とし、両手に装備するガス式ランチャーからは時速193キロメートルのスピードで1.3キログラムのペイント弾が発射される。
一方の水道橋重工のクラタスが高さ3.8メートルの重量約5トン、装甲はプラスチックと鉄。軽油を燃料とし、左手に装備するツインガトリングガンから1分間に6000発のBB弾が発射される。

どちらも戦うには申し分ないスペックだ。
この戦いをきっかけに、各国のロボット開発チームが名乗りを上げ、一大イベントに発展していくと面白くなりそうですね。

ちなみに、Amazon.comにてクラタスが1億2000万円で購入可能だ。

出典:YouTube

PR

【水道橋重工】クラタス スターターキット

この記事をシェアする

グッと!をフォローしよう!

コメントを残す

  • ページの上へ
  • グッと!TOP
  • あとで読むリスト
  • コメントみる
  • コメントする
  • ページの下へ

あとで読むリスト